地球外生命はどう探す?かぐや姫は宇宙人?哲学や芸術など5つの分野の視点から考える「これからの宇宙の楽しみ方」

2019年9月23日に六本木ヒルズ 森タワー49階のアカデミーヒルズで行われた一日がかりの大イベント、東京シティビュー×アカデミーヒルズ「宇宙を感じる1dayカレッジ」。

六本木天文クラブ10周年の特別企画として、宇宙にまつわる研究やビジネスに関わるキーマンたちを招き、これまでを振り返るとともに、宇宙が私たちの人生にどのような豊かさをもたらしてくれるのか、宇宙に対する何かしらのヒントを得られるのではないかと思いながら、編集部スタッフ・ゆみがこのイベントに参加してきました。

3つの記事に渡って本イベントをご紹介し、その第2弾として、最先端の分野で活躍する5名の登壇者を招いたトークセッション「これからの宇宙の楽しみ方」をお伝えします!

「宇宙を感じる1dayカレッジ」レジュメ

【開催の挨拶】14:00~14:10
「六本木天文クラブ10年の歩み」


【1時間目】14:10~15:30
<記念講演>「現代天文学は私たちにどのように役立つのか」


【2時間目】15:40~17:00
<トークセッション>「これからの宇宙の楽しみ方」

【3時間目】
17:10~18:20
<宇宙への取り組みの紹介>「宇宙×○○ ~宇宙のおいしい味わい方~」

【参加者交流会】
18:30~19:45

【2時間目】トークセッション「これからの宇宙の楽しみ方」

これからますます⾝近になる宇宙の世界。

どんな宇宙の世界を思い描いているのか? それをどう楽しむのが良いのか?

[ビジネス][哲学][デザイン][アート][天文学]と幅広い視点を絡めたトークセッション「これからの宇宙の楽しみ方」を聞いてみました。

[トークセッションの登壇者]
ビジネス:岡島礼奈さん(株式会社ALE代表取締役社⻑/CEO)
哲学:梶⾕ 真司さん(東京⼤学 教授)
デザイン:⼩阪 淳さん(美術家)
アート:椿 玲⼦さん(森美術館 キュレーター)
天⽂学:平松 正顕さん(⾃然科学研究機構 国⽴天⽂台アルマプロジェクト 助教)

5人の登壇者たちの立場や視点

 岡島 礼奈さん(株式会社ALE代表取締役社⻑/CEO)

[ビジネスの視点]
株式会社ALEで「流れ星を作るプロジェクト」に取り組んでいます。私たちのミッションは、「科学を社会につなぎ 宇宙を文化圏にする」ということ。今現在の人間の活動領域は地球の表面に止まっていますが、科学が発展していけば、ゆくゆくは太陽系の外にという時代が来ると信じています。

 梶⾕ 真司さん(東京⼤学教授)
[哲学の視点]
専門にしているのは哲学なので天文学とは関係ないのですが、哲学を志す前は物理学に興味を持ち、特に宇宙物理学をしたかった人間です。「物質とは何か」とか「時間とは何か」と考えているうちに、結局哲学に行き着きました。シュミッツ現象学が専門ですが、中国医学、江戸の育児書、民間信仰などの研究もしてきました。
(スライドの画像は、著書「考えるとはどういうことか」

 ⼩阪 淳さん(美術家)
[デザインの視点]
たくさんの方に協力してもらいデザインをしたのが「宇宙図」というポスター。1/3くらいはデザインする仕事、あとの2/3は「分からない」と言い続けるような仕事をしていました。それで宇宙が分かるようになったのかと言うと、やっぱり分からない(笑)。宇宙の奥深さに、むしろもっと分からなくなるんです。この「宇宙図」は宇宙が分からなくなるポスターです!

 椿 玲⼦さん(森美術館キュレーター)
[アートの視点]
今回このトークセッションに呼んでいただいたのは、2016年に森美術館で開催された「宇宙と芸術展 かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」がきっかけです。1時間目の記念講演に登壇された渡部潤一先生にもご協力いただきながら、展覧会のキュレーターとして企画・担当を務めました。

 平松 正顕さん(⾃然科学研究機構国⽴天⽂台アルマプロジェクト助教)
[天文学の視点]
アルマ望遠鏡の広報担当をしています。宇宙にあるいろいろなものが電波を出しているのですが、その電波を捉えられるアルマ望遠鏡で宇宙を観ると、人間の目で見える光(可視光)とは違う姿が浮かび上がります。私たちの起源は宇宙にありますが、そもそも地球や太陽系、天の川銀河はどうやってできたのでしょうか。生き物の材料は宇宙にあるのでしょうか。天文学者は、いろいろな望遠鏡を駆使して宇宙を観測し、その謎を解き明かそうとしています。

天文学の発展に望まれていること


平松さん(天文学):
138億年前にビッグバンによって宇宙が始まって以来、どんなことが起きてわれわれが存在しているのか、あるいは宇宙がどんな姿をしているのか。こういった問いに物理学の手法をもって答えようとするのが、天文学です。望遠鏡を使ってより遠くにある昔の天体を見たり、近くの天体をより詳しく見ることで、宇宙の理解に必要なさまざまなヒントを得ることができます。

宇宙における生命の問題は、これからの天文学の重要なテーマのひとつです。太陽系の中にも“地球外生命”がいるかもしれないし、夜空に光っている星の周りにある太陽系外惑星にも生き物がいるかもしれません。そういうことを本気で考えていくことが、この先の天文学の大きな流れなんじゃないかなぁと僕は思います。

地球外生命体の姿を見ることは難しいのか?


岡島さん(ビジネス):
地球外生命体についてすごい知りたい。ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)に生命を探すのが基本戦略だと思うんですが、実際にどうやって探していくのか計画はありますか?


平松さん(天文学):
地球には酸素がありますが、それは植物の光合成によって作られています。もし酸素に満ち溢れた惑星が見つかれば、ひとつの可能性として光合成をするような生き物がいるかもしれないですね。もちろん他の方法でも酸素ができるという研究もあるので、100%生き物がいるとは言えないのですが。


岡島さん(ビジネス):
地球外生命の姿を直接見るというのは結構難しいんでしょうか?


平松さん(天文学):
そうですねぇ。もうちょっと先かなと思います。

木星の衛星であるガニメデの地下には海があると考えられていますが、JUICEという探査機でそれらの衛星の表面を詳しく調べる計画があります。ただ、氷の厚みが数十kmもあるので、それを掘って中を調べるのは大変なことだと思います。また、そういったミッションでは探査機を送り込むことで地球の生物を意図せず持ち込んでしまうリスクもあります。そういったことにも慎重に計画を進めないといけないでしょう。

地球とは全く異なる生命体


梶⾕さん(哲学):
僕は惑星探査機ボイジャーの世代で、ボイジャーが初めて映し出した木星や土星の写真を見て感激しました。その頃にちょうど『コスモス(COSMOS)』というテレビ番組があって、

“地球型生命体とは違う、木星型の生命体”

というのが想像で描かれていたんです。地球とは違い木星の表面はガスで出来ているので、ガスの中に浮かんで生きている生命体です。
先ほどの話で、酸素がある事が生命存在の証拠になると言っていました、それは地球型の生命体の話じゃないですか。全く違うタイプの生命体を探すということは、天文学ではあまりされていないのでしょうか?


平松さん(天文学):
地球に全くいないような生物は何をもって探せばいいのかが分からない、というのが正直なところです。地球の生き物とは全然違うエネルギーのやりとりをしているかもしれない。身体の構造も全く違い、体内でエネルギーを生み出す化学反応も違うとしたら、なにを手がかりにすればいいのか。

地球型ではない生き物を想像するのは面白いと思うんですけれど、研究として論理立てて突き詰めていくのは、結構難しいんじゃないかなと思います。

なので、まずはよく分かっている地球上の生き物と同じものがいたら、という仮定を置いているんです。


椿さん(アート):
その難しさは宇宙の芸術作品にも言えます。
博物学者の荒俣宏さんがアメリカのSF小説に描かれている宇宙人の絵をたくさんコレクションされています。それを見てみると、どれも地球上の生き物を模しているように見えました。

地球上の生命を超えたあり方を考える事は、創造に富んだ芸術の世界でさえも難しいんだなと感じます。

考えることは意味がないというのを救ってくれるのは「哲学」


梶谷さん(哲学):
僕は「時間」に興味があります。もともと高校では理系で、哲学に進んでみたものの何か分かったのかと言うと、 “埒が明かない”ことが分かりました。ただ、埒が明かないことを考えることに意味がないかと言うと、それはまた別問題です。埒が明かないことがよく分かることは、哲学の大事な貢献だと思うんです。

意味のないことを考えることに、罪悪感を感じることもあるかもしれません。でも、それって人間がずっとやってきたことで、それは為になることなんじゃないかなと思います。


⼩阪さん(デザイン):
答えのない問いを投げかける価値を、人々は無意識に落としてしまっているのではと感じます。
「科学的にそれを考えるのは無駄で、考えることは意味がない」と言う人もいますが、もしかしたらそれを救ってくれるのは、哲学なんじゃないかなぁと思うんです。

僕は「宇宙図」を作っていて、宇宙の果ての向こうはどうとか、科学の領域を超えるような世界を考えたことに充実感があった。それを、「宇宙図」を見てくれた人が感じてくれたらいいなと思っています。

日々の暮らしの中で言うと、僕は20年くらい新聞社で社会風刺画を描いてるのですが、社会風刺画を描いている時と、「宇宙図」を作っている時との感覚は全く変わりません。
何が繋がっているのかと言うと、

“人が世界をどう見ているか”を考えるのは全く一緒。

イメージを広げることはそんなに難しい話でもなく、星空を見て日常を忘れる感覚と同時に、ものすごく日常に繋がっているという感覚が、僕らの明日を変えていく可能性もあると考えます。

天文学普及プロジェクト「天プラ」が企画し、デザイナー 小阪 淳さんが手がけた「宇宙図」

自分の目で見える宇宙開発は滅多にない


梶⾕さん(哲学):
ブラックホールのように見えないものを見えるようにするとか聞くと、そもそも見えるってどういうことなんだろうと考えます。

本来見えないものを見せられて、それって本当にあると言えるのだろうか?

これは、今私たちが接している世界の中でも同じ事が言えて、見えていないけどあるというものを考えるきっかけにもなりますね。


岡島さん(ビジネス):
自分の眼で見える宇宙開発って滅多にありませんよね。
アポロが月に行ったとか、宇宙ステーションとかも、多くの人がテレビを通じて見ていると思うんです。

私たちが飛ばそうとしている流れ星は「人工の流れ星」ですが、天然の流れ星にロマンを持ってらっしゃる方には、人工の流れ星に対してあまり良い印象を持たれていない方もいらっしゃいます。私は、それはそれでお気持ちがよく分かります。

しかし、人工の流れ星を見ることで、天然の流れ星を見にいく人が増えると私は思うんです。そこから宇宙に興味を持って、科学にも興味を持って、ということもあるでしょう。

これからの時代は「人間って、これから宇宙に行くんだね」と、そんなポジティブな気持ちをもって、好奇心にどんどん突き動かされていってほしいなと思います。

人間はストーリー無しでは生きられない


椿さん(アート):
日本最古の物語「竹取物語」の主人公 かぐや姫は“月の人”なんですよね。国の一番古いお話が、“宇宙人との恋”みたいな。

最後にかぐや姫が月に帰ってしまった時、「私の代わりに」と言って帝に不老不死の薬を渡しますが、帝は「あなた(かぐや姫)がいなかったらしょうがない」と言って富士山に不老不死の薬を持って行って燃やすと、それが火山活動を引き起こす。実際に富士山は9世紀ごろに火山活動が盛んになっていたと言われていて、そこに物語は繋がっています。

多分人間って、“物語とかがないと生きていけない動物”なんじゃないかなと。物語があるからこそ、想像力と宇宙とが繋がっていくんだと思います。

『竹取物語絵巻』(第三巻)
江戸時代前期/巻子/33×約1440㎝/所蔵:國學院大學図書館、東京


小阪さん(デザイン):
アートとサイエンスをくっつけようとするアプローチも結構多いと思うんです。宇宙という包括的な概念があるにも関わらず、科学者とアーティストは価値観が違うということで対話が成り立たない難しさがあると感じます。そこを繋ぐ方法、アクションが必要になってくるのかなと思います。

僕は僕なりに、科学者とは違う形で宇宙を感じている。違う視点の人たちがコミュニケートできる場所があると、新しい宇宙の表現やアプローチの方法など、自分をワクワクさせてくれたり、宇宙を急激に身近に感じられる感覚を得られるんじゃないかな。


梶谷さん(哲学):
データをビジュアル化する時により綺麗な写真やストーリーが求められるので、天体画像はインパクトが薄い感じがしますが、子供たちは意外にも、天体観望会などで見る土星の輪とかに感激するんですよ。
CGでより派手に見せていくのではなく、リアリティに訴える方が感激するのかなと思うんです。CGのようにただ画面だけで見てしまうと、これが現実のものなのか作られたものなのか、区別がつかないんですよね。

僕なんかね、ブラックホールは以前から見たような気がしていたんですよ。だから、「やっと映ったんだ!」という感じで(笑)


平松さん(天文学):
確かに綺麗な写真なんて世の中に溢れているので、天文学にもっと関心を持ってもらおうと思って天体画像を頑張って作っても全然目立たない。そういう意味では、そこを突き詰めても得られるものは少ないかもと個人的には思います。

ブラックホールについては、モヤっとしたあの画像を夜の10時に記者発表して、どのぐらい面白いと思ってくれるんだろうと正直僕も分からなくて(笑)

結果としてはあれだけ皆さんにインパクトを与えることになりましたが、ストーリーの面白さもあって、驚きと新鮮さを感じてもらえたのではないかなと思います。

Credit: EHT Collaboration

さっき、椿さんが「人間は物語とかが無いと生きていけない動物」というお話をされましたが、僕が面白いと思うのは、“天文学はいろんなストーリーを見せられるところ”だと思っています。

われわれがどこから来たのかを考える。
あるいはわれわれがどこにいるのかを考える。ひとりひとりが宇宙の中でストーリーを組み立てていく時に、その材料を提供するのが天文学。

天文学の中にあるストーリーや、宇宙と私たちが繋がる接点のストーリーをこれからも提示していけたらいいなと思います。

2時間目のトークセッション「これからの宇宙の楽しみ方」では、[ビジネス][哲学][デザイン][アート][天文学]と幅広い分野からの観点を知り、私たちが宇宙とどう向き合っていくのか、見つめ直し解釈することで、自分なりの「宇宙の楽しみ方」のヒントを得られる機会となったのではないでしょうか。

3時間目<宇宙への取り組みの紹介>「宇宙×○○ ~宇宙のおいしい味わい方~」では、実際にビジネスをされている方、あるいはチームや個人でされている様々な宇宙の楽しみ方を聞いてみましたので、この次の記事にてご紹介したいと思います。

また、六本木ヒルズ屋上で定期的に行われている「天体観望会」の情報も下にありますので、あなたにとっての宇宙の楽しみ方をぜひ見つけてみてください☆


2時間目のトークセッション 登壇者プロフィール

ビジネス:岡島礼奈さん(株式会社ALE代表取締役社長/CEO)

東京大学大学院理学系研究科天文学専攻(理学博士/天文学)卒業後、ゴールドマン・サックス証券へ入社。2011年株式会社ALE創業。宇宙エンターテインメントとして世界初の「人工流れ星」実現へ向け事業を推進。「科学を社会につなぎ 宇宙を文化圏にする」を会社のMissionに掲げ、今後はエンターテイメント事業で構築した技術や知見を他領域で有効活用することにも注力。従来取得できなかった高度宇宙環境データを関連機関・企業へ提供するなどサイエンス領域への貢献をめざす。

哲学:梶谷真司さん(東京大学 教授)

京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。現在は東京大学大学院総合文化研究科教授。専門は哲学、比較文化、医療史。著書に『シュミッツ現象学の根本問題』(2002)や『考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門』(2018)などがある。

デザイン:小阪 淳さん(美術家)

’94年-’00年SFマガジン(早川書房)装画担当。’06年文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品。2006年 Sony Explora Science(北京)に4作品常設。’06年文部科学省「一家に1枚宇宙図2007」制作に参加。’07年カンヌ国際広告祭2007 Cyber Lions 銅賞受賞。’09年より朝日新聞「論壇時評」ビジュアル連載。’10年東京書籍「宇宙に恋する10のレッスン」出版(共著)。’11年東京都写真美術館「映像をめぐる冒険 vol.4 見えない世界のみつめ方」参加、展示作品「VIT2.0」が収蔵される。2014年 国立天文台「太陽系図 2014」制作に参加。2015年「光図 2015」制作に参加。 2017年種子島宇宙芸術祭に参加。

アート:椿 玲子さん(森美術館 キュレーター)

京都大学大学院人間・環境学研究科創造行為論修士、パリ第1 大学哲学科現代美術批評修士修了。カルティエ現代美術財団のインターンを経て2002年より森美術館所属。「医学と芸術展」(2010)、「シンプルなかたち展」(2015)、「宇宙と芸術展」(2016)、「レアンドロ・エルリッヒ展」(2017)、「六本木クロッシング2019展」(2019)などを企画・担当した。美術館外でも「隠喩としての宇宙」(京都、2012)、「Duality of Existence: Post Fukushima」(NY、2014)などを企画し、執筆・講演も行う。

天文:平松正顕さん(自然科学研究機構 国立天文台アルマプロジェクト助教ー)

博士(理学)。自然科学研究機構国立天文台アルマプロジェクト助教/台長特別補佐。専門は電波天文学、星形成の観測的研究。
東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程を修了後、台湾中央研究院天文及天文物理研究所 博士研究員/ALMA地域センターアストロノマーを経て2011年3月より国立天文台に勤務。電波望遠鏡を用い、太陽のような星や惑星の誕生過程を探っている。特に、星の重さがどのように決まり、そのまわりにどのような惑星系が作られていくのかということに興味を持っている。またアルマ望遠鏡の広報担当として、講演や執筆活動を精力的に行っている。


【第1弾】「宇宙を感じる1dayカレッジ」<記念講演>「現代天文学は私たちにどのように役立つのか」

【第3弾】「宇宙を感じる1dayカレッジ」<宇宙への取り組みの紹介>「宇宙×○○〜宇宙のおいしい味わい方〜


六本木天文クラブの今後の活動

毎月第4金曜日は六本木天文クラブの日。

毎月第4金曜日に星のソムリエ®による星空解説セミナーと屋上スカイデッキで天文学の専門家の解説とともに空を見上げる星空観望会を開催しています。

天文の専門家と一緒に星空と夜景を楽しみましょう!

2019年度の今後のスケジュール

2019年11月22日(金)
19:00~20:00「星空セミナー」 (3Fプレゼンルーム)
19:00~21:00「星空観望会」 (スカイデッキ)

2019年12月14日(土)
19:00~22:00「ふたご座流星群観望会」 (スカイデッキ)

2019年12月15日(日)
19:00~22:00「ふたご座流星群観望会」 (スカイデッキ)

2019年12月26日(木)
14:00~19:00「部分日食特別観望会」 (スカイデッキ)

2019年12月27日(金)
19:00~20:00「星空セミナー」 (3Fプレゼンルーム)
19:00~21:00「星空観望会」 (スカイデッキ)

2020年1月24日(金)
19:00~20:00「星空セミナー」(3Fプレゼンルーム)
19:00~21:00「星空観望会」(スカイデッキ)

2020年2月28日(金)
19:00~20:00「星空セミナー」 (3Fプレゼンルーム)
19:00~21:00「星空観望会」 (スカイデッキ)

2020年3月27日(金)
19:00~20:00「星空セミナー」 (3Fプレゼンルーム)
19:00~21:00「星空観望会」 (スカイデッキ)


六本木天文クラブ10周年記念 限定デザイン年間パスポート

六本木天文クラブ10周年を記念して、限定デザインの年間パスポートを1,000枚限定で販売!
東京シティビュー屋内展望回廊、スカイデッキ、森美術館へ1年間、何度でも入館できる、お得なカードです。

内容
森美術館+東京シティビュー パスポート「六本木天文クラブ」10周年記念ver.限定デザイン

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
森タワー52F/屋上スカイデッキ


執筆者プロフィール

ゆみ
星空をこよなく愛する宙ガール編集部員☆『宇宙兄弟』公式サイトにて、宇宙関連情報記事のライターを担当。

キーワード